豪雨で発令された「特別警報」の意味とは?

2014/09/11

東京や札幌市を中心とした北海道が記録的な豪雨に見舞われた。

気象庁は平成25年8月30日から運用を開始した「特別警報」を発表した。

だが、この「特別警報」の意味、きちんとわかっているだろうか?

気象庁のウェブサイトには「特別警報が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください」と記されている。しかも、大きく赤字で。

つまり、この警報は、よくあり警報・注意報とはニュアンスが大きく異なり、「命の危険がある、異常な事態」ということを示しているのだ。

「特別警報」はこれまであった様々な警報の基準値をはるかに超える豪雨や津波などが予想されたり、重大な危険性が著しく高まっている場合に、安全を呼びかけるために発表されるものだ。

これを勘違いして、「まあ大丈夫だろう」では済まされないレベルなのである。

警報の意味を十分理解して、行動するように心がけたい。



この記事へのコメント

1. Posted by kyragrpwgさん 2015/02/25 12:59:32
lMUlvG <a href="http://tysmcwasftkw.com/">tysmcwasftkw</a>, [url=http://hjrevoxxnnym.com/]hjrevoxxnnym[/url], [link=http://owynyajtyale.com/]owynyajtyale[/link], http://vgxenscspvfv.com/

この記事にコメントする

name:

comment:

  • 新着記事
  • 人気記事